よくある質問

よくある質問

大腸検査を受けたいのですが、おしりを出すのが恥ずかしく抵抗感があります。

特に女性の方は、抵抗感があるのではないでしょうか。そういった不安を軽減するために、検査用のパンツに履き替えて頂いています。おしりの所に切れ目が入っており、検査の時におしりを出さずに検査できます。

大腸カメラの下剤は病院で飲むことはできますか。

男・女別々の前処置室(下剤内服室)を設けていますので、リラックスして、当日下剤を飲むことができます。希望があれば(2回目の検査以降)は、自宅でも内服可能です。

内視鏡検査の前日の食事は何時までとってもよいですか。

胃カメラ・大腸カメラとも、夕方午後8時までに済ませて下さい。それ以降は、アルコール以外の水分(お茶、実の入っていないジュースなど)は飲んでもかまいません。 また、大腸カメラを受けられる方で、便秘気味の方は検査の2日~3日前からお腹に残りやすいものは避けて下さい。(例:海藻類、キノコ類、こんにゃく、根菜類、イモ類、乳製品、野菜果物の種、トマトの皮など)

内視鏡検査の時間はどのくらいかかりますか。

胃カメラは約10分程度、大腸カメラは約20分程度です。 状況により異なる場合がございますので、ご了承下さい。 鎮静剤を使用しますので、検査後は1時間程度休んでいただきます。

内視鏡検査は当日できますか。

胃カメラは、当日の朝食を食べずに来ていただければ、予約なしでも検査は可能です。外来診察や検査の進行状況によりお帰りの時刻が遅くなることが予想されますので、時間に余裕を持っておこし下さい。 大腸カメラは、事前に腹部の診察を行います。その際に、食事・下剤についての説明をさせていただき、下剤をお持ち帰りいただきます。

 

PAGE TOP