院長のいちょう通信

院長のいちょう通信

腸内フローラ
更新日: 2022/11/2(水)
腸内細菌が人の健康や疾患に大きな影響を与えている可能性あることがわかってきています。腸内細菌の内訳やバランスは性別や年齢はもとより、食生活や生活環境で一人ひとり異なりますが、生活習慣を変えることで腸内細菌のバランスを変化させることも可能です。
当院では2020年6月から自費診療による「腸内フローラ検査」を開始し、2022年10月時点で、35人の患者さんからエントリーがありました。予想通りの結果だった方、思いがけず良かった方(悪かった方も)など様々ですが、現在の自分の腸内細菌のバランスや特徴を知ることは、今後の生活習慣や健康管理を考えるうえで一つの目安となると思われます。
ちなみに私も「腸内フローラ検査」行ってみました。結果はやや良好のB判定でした(Aが最もよい)。コメントには「乳酸菌がやや不足気味なので、「ぬか漬け」を多く食べるとよい」とのことでした。確かに発酵食品である「ぬか漬け」は植物性乳酸菌が多く含まれ腸内環境を整えるには最適なのでしょう。
患者さんにアドバイスをする立場にもかかわらずA判定ではなかったわけで、今後食生活と生活習慣をもう一度見直して、1年後に再度検査にチャレンジしてみたいと思います。


PAGE TOP